×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

2016年10月08日

産まれましたぁ~💛

 
 昨日10月7日午後5時
 
  長女の第二子 女の子が産まれました。
  産まれる前に先生は3100gと言っていたのに
  なんと産まれたら4000gもあって
  みんなびっくり!
  「坊の時よりはるかに痛かった」と
  娘の証言(笑)

 午前4時ころラインが来て、
 「5分間隔だけど痛みは強くない」との事。
 一応、時間を待って旦那様と坊を送り出し
 (仕事と保育園)
 1人でお風呂沸かして入り身体温めた娘を
 私が迎えに行き娘の車運転して産科へ(午前9時頃)
 お産が二回目だからか落ち着いて、私も
 まだまだと思い、自分の予約していた病院へ・・・。
 娘の旦那が午前中で仕事を早退して産科へ
 「4頃産まれそうだって」と自宅待機していた私に
 娘からライン。
 で、3時半に私の旦那と坊を保育園に迎えに行って
 産科へ向かいました。
 着いたのは4時過ぎ・・・でも出てくる前もうちょっと
 坊と一緒に分娩室に入れてもらったら
 かか(娘)が苦しんでいるところを見て
 目を丸くして口を開けて すっごく驚いていた感じ・・・。
 いったん病室で待っていると、ととが呼びに来て
 「かかが呼んでるよ。赤ちゃん産まれるところ見よう
  かかを応援しよう!」
 とだっこして連れて行きました。
 私も一緒に分娩室へ・・・。
 かかが2~3回いきんで、赤ちゃんを先生が取り上げる
 ところを、ととに抱っこされながら見た坊。
 もう、目がまん丸で口あんぐりで、すごい衝撃を受けた
 という感じ。
 「赤ちゃんだよ」と言って声をかけても、ただもう呆然
 娘が以前から言っていたんです。
 「この子(坊)は何でも理解している。
  話しもわかるし自分の意志も伝えられる。
  おしゃべりもすごい。だから
  赤ちゃんが産まれるところを見せたい。
  絶対、坊は忘れずに意識のどこかに覚えている。
  衝撃は受けるかもしれないけど、
  人間としての成長に良い影響を与えるはず」・・・と
  その後いったん分娩室を出て部屋で待っていると
  後産も終えがかかと赤ちゃんに会えました。
  坊は、ピンと張り詰めた何かが切れたのか
  急に泣き出してかかにくっついて横たわってる上に
  乗るようにして抱っこされていました。
  「泣いてよかった・・・
   この子は何でも理解していて、気持ちを汲み取って
   我慢することが多い。泣きたいときに泣かないから
   心配だったけど、泣いてよかった」と娘。
  かかが心配だったんだね。赤ちゃん衝撃だったんだね。
  「坊もこうやって生まれたんだよ」とみんなでお話し
  してあげました。
  帰るときは、かかのそばを離れたくないと泣きましたが
  家に帰ってお風呂入ってととたっぷり遊んでいるとき
  「かかは? 赤ちゃんは? 病院?」って
  10回以上ととに聞いていたそうです。
  夜泣きするか心配でしたが、そんなこともなく、今朝も
  元気に、いつもどおり 
  たくさんおしゃべりしているそうです。
  2016-10-7.jpg
   産まれて間もない孫の嬢です。
   よろしく!
 
  そして、今日先ほど病室を訪れたととと坊
  ラインで写真が来ました。
  2016-10-8.jpg
  赤ちゃんに話しかけたり、おててに触ったり
  すごくうれしそう。
  娘から
 「やっぱり出産見せてよかった。
  坊は赤ちゃんのお世話したそう」という
  ラインが来ました。

  さ!私もさっさと掃除を済ませて
  会いに行こう!
posted by みせすちゃいるど at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 私事ですが日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック