×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

2016年07月04日

忍野村『おさかな公園』

 
 昨日は、娘(長女)と孫とお出かけしました。

 富士山が頭だけ雲に隠れていましたが
 梅雨とは思えないくらい晴れた暑い日でした。
 娘がNHKおかあさんといっしょの
 『ポコポッテイト小劇場』が当たったので
 忍野村まで出かけてきました。
 午後からの講演で、時間があったので
 忍野村の『おさかな公園』へ行きました。
 まずは『おさかな公園内』にある
 『森の中の水族館。』(山梨県立富士湧水の郷水族館)
 大人の入場料1人420円
 川の魚、大きいのや小さいのがたくさん泳いでいました。
 
 2016-07-03.jpg

 大きな魚はちょっと怖かったみたい。 
 でもいろんな種類のカエルさんも見られました。
 その後、おさかな公園で水遊び(無料です)
 でも、この水が冷たい!富士山の湧き水なので
 まるで氷水のようです。

 2016-07-03-2.jpg

 そいういえば、長女がまだこの孫くらいだったとき
 富士急ハイランドのプールに連れて行ったのですが
 やはり富士山の湧き水で、きれいなのですが、
 非常に冷たくて、すぐ上がってしまったのを
 覚えています。
 それでも孫の坊は大はしゃぎ! 
 水で濡れてしまったのでズボンをはきかえ・・・。
 滑り台など遊具もあったのでたっぷり遊んで
 『ポコポッテイト小劇場』を眠くなって目をこすりながら
 にこにこしながら見て、帰りには車でぐっすり寝てしまいました。

 2016-07-03-3.jpg 

 【追記】

   忍野村といえば、忍野八海が有名ですが、最近
   『忍野 しのびの里』というテーマパークができました。
   体験型なので、まだ2歳未満の孫には無理ですが
   それほど高い値段でもなく、入場でき、大人も楽しめそう
   もう少し大きくなったら連れて行こうかな。
   
   忍野 しのびの里
 
    運営は『富士急グループ』
posted by みせすちゃいるど at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | リーズナブルに楽しむ山梨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月19日

水信玄餅

  
 私の住んでいる甲斐市から車で40分
 隣の隣の市 北杜市白州、台ヶ原宿の
 『金精軒(きんせいけん)』に行ってきましたぁ~~~
 8時ちょっと過ぎに、主人と車で出発!
 着いたのは8時45分
 ちょっと離れたところに北杜市が運営している駐車場が・・・
 あまりにお客さんが殺到するため、市で駐車場を
 提供しているそうです。
 もう、遠くから金精軒のあたりにすごく大勢の人が
 いるのが見えて、特に主人はびっくりしていました。
 「すごいぁ~ こんなド田舎の小さい御菓子屋にこんなに
  人が集まっているなんて!!!」って感じ・・・
  一組に一枚という整理券をもらって並びました。

 2016-06-19-02.jpg

 お店の外で道に並び、そこからお店の庭に入ります。

 2016-06-19-03.jpg

 それでもまだ並んでいて、レジのところまで55分(約1時間)

 2016-06-19-04.jpg

 それから、商品を受け取るのに、10分くらいまって
 やっと実物にお目にかかりました。
 
 2016-06-19-05.jpg

 お庭にある椅子にこしかけて、いただきました。
 水信玄餅はプルンプルン。
 きれいなきれいな磨かれた甲斐駒ケ岳(南アルプス)の
 天然水で、固まる最小限の寒天を用いてやっと固めた
 水晶の透明な毬のようなお菓子です。
 冷蔵庫から出して、盛り付けてすぐ手渡しされます。
 固まっている時間、わずか30分。30分経つと溶けて
 しまうそうです。
 だから持ち帰ができず、その場でいただくという
 幻のお菓子です。

 北杜市白州はとにかく水のきれいなところです。
 この地に、サントリー醸造所があるのもうなずけます。
 『白州』というウィスキーや、『南アルプス天然水』を
  作っています。

 さて、そんなおいしい水でできた水信玄餅のお味は・・・。
  
 まずは、何もついていない水信玄餅をスプーンで一口
 あっという間に口の中でスーッと溶けました。
 おいしい水を一口飲んだ時の爽快感と体に染み渡る
 感じが感動です。
 そして、黄な粉と黒蜜
 これが凄かった! おいしい!ほんとにおいしい!
 信玄餅は『桔梗屋信玄餅』が全国的に有名ですが、
 実は信玄餅の商標登録を持っているのは『金精軒』
 なのです。
 全国さまざまなところで売られている『桔梗屋信玄餅』
 もおいしいですが、『金精軒』の素材にこだわり味に
 こだわった『信玄餅』がいかにおいしいかは、この
 『水信玄餅』の黄な粉と黒蜜をいただくとより一層
 わかります。
 
 さてここで『水信玄餅情報』
  
  1)30分ほどで溶けてしまうので、
    持ち帰りはできません。
  2)お値段は、水信玄餅と冷茶がついて
    1つ300円(税込)
  3)水信玄餅は、毎年6月~9月の
    土曜と日曜だけ販売されます。
    祭日はやっていません。
  4)個数限定のため、午前中に売り切れる
    可能性があります。
    (10時ころまでに行くと良いようです。
     非常に並びます)
  5)列のそばにいるスタッフに整理券を
    もらってください。
  6)水信玄餅は、
    【金精軒台ケ原本店】と【金精軒韮崎支店】
     の二店舗の店頭販売。
  7)営業はAM9:00から
  8)本店は北杜市の駐車場が利用できます。

 実は、韓国で水信玄餅をまねてまったく同じ
 お菓子を販売しまるで、韓国が起源のように
 韓国の新聞に載って騒ぎになったそうです。
 ほんとにおもしろいのですが、『それは日本のお菓子だ』
 とネットで騒いだのは、中国の方々。
 日本人にあまり知られていないのに、中国の方々が
 『水信玄餅』を知っていたとは・・・驚きです。

 また、この『水信玄餅』をまねてアメリカで販売
 するらしいです。
 その名も『レインドロップケーキ』
 ***************************************
ダレン・ウォン氏が、ニューヨークの
「スモーガースバーグ・フードマーケット」で
レインドロップ・ケーキを販売開始すると、
アメリカの様々なメディアが取り上げた。
http://news.livedoor.com/article/detail/11428063/
**************************************

特に特許も取っていないようで、諸外国に
 まねされていますが、金精軒さんは、あまり気に
 留めていないようです。

 でも、ただ水を固めて甘味をつけて
 というのと、南アルプスの天然水を使って
 寒天職人が作った寒天(ゼラチンとは違いますよ)
 を配合して作られた水餅と
 厳選された豆から作った黄な粉と、上品な甘さの
 黒蜜はまねできないのでは?
 と思います。
 形だけ似ててもなぁ~って感じです。

 さて、おいしくいただいた後、帰ろうとすると
 まだまだ順番を待つ列が続いていました。
 駐車場も帰る車より、入ってくる車が多かったです。
 以前は限定300個だったらしいですが、
 (今は増やしているようです)
 1グループ一枚の整理券なのですが、
 私たちの85番はすでに220人超えていましたので
 すごい人気です。
posted by みせすちゃいるど at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | リーズナブルに楽しむ山梨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月10日

桑の実摘み

 ショップカートの管理会社からブログを削除されてしまって
 どのブログにしようか迷っていましたが、
やっと設置できました。
 
 3月まで山梨の大月市に住んでいました。
 大月は甲府方面よりも東京の立川や八王子の方が近い
感じですので皆さん東京方面を向いて生活していますが、
甲斐市に引っ越してからと言うもの・・・
 山梨ナイズされ甲州の色にどっぷりつかりつつあります。

 東京のど真ん中から嫁いで、山梨県に30年以上も住んでいながら、
 まだまだ未知の部分が多い神秘的な山梨をお伝えしつつ
 ちょこっとショップの宣伝もさせていただきます。

 大月に住んでいたときから、すっごく行きたかったところが
あります。それは、
 【桑の実摘み】と【水信玄餅】
 水信玄餅は6月4日~9月末までの土日に販売しています
ので時間を見つけてひよぃっと行こうと思っています。
 実はここからだとひょぃっと行けちゃうんですよね。
 そして、もっともっとひょぃっと行けるのが【桑の実摘み】
 自宅兼事務所から約車で5分。
 小さいころから茨城県出身の母に
「桑の実は甘くておいしいよ」
 と言われ食べてみたかったのですが、なかなかお目に
 かかる機会がありませんでした。
 それもそのはず、採ったその日のうちに冷凍するかジャムに
しなければ痛んでしまうという非常にデリケートなフルーツ
なのです。
  
 私が行ったのはここ 甲斐市商工会で行っている
桑の実摘みです。
  http://ns01.city.kai.yamanashi.jp/docs/2016053000018/

 2016-06-08-02.jpg
 2016-06-08-03.jpg

  期間が非常に短く、6/3~12の間 たった10日間です。
  お値段なんとお1人600円。もらった容器に山盛り摘んで
食べ放題!
  時間無制限で、お休み処では、桑の葉茶を無料で
いただけます。
  また、桑の葉の天ぷらもなんと100円 
  ほくほくして、苦みも癖もなくておいしかった!

 2016-06-08-05.jpg

 2016-06-08-04.jpg
   
  容器と手袋(果汁が手についてしまうので)をもらって
桑畑のやぶの中へ・・・
  ちょっとトトロに出てくるメイちゃんのトンネルみたいな
  ところで ワクワク
  桑の実は思ったよりも小さく、そっと摘まないとつぶれて
  しまいます。
  味は、ブルーベリーに似た感じで、もっと甘味が強い
  あ~~これが母が言ってた味なんたぁ~と
  感動してしまいました。

 2016-06-08-01.jpg 

   これからもお安く山梨を楽しむ情報を載せま~す。
 
   ※ただいま、さくらんぼとももの販売中!
    ぜひショッピングカートものぞいてね!
     http://mrs-child.com/
posted by みせすちゃいるど at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | リーズナブルに楽しむ山梨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする